サイクるん・静止ホイール

Bussiness
HOME > サイクるん・静止ホイール

サイクるん

安全で快適な自動車利用環境を創出
音と反射とスピード
トリプル効果 サイクるん

自転車が低速で走行した時に音が鳴ることによって自転車の接近を気付かせて小学生や学生、主婦、シニアなどの自転車と歩行者の事故を少しでも減らす効果があります。
「音」で
気付かせる
「反射」で
気付かせる
「スピード」で
気付かせる
考えてみてください。
自分や子どもや孫が自転車に乗っておじいちゃんやおばあちゃんにぶつかってしまし深刻な事故になってしまったら、どうしますか?
歩行者が見えてるから大丈夫と思っても、自転車が来ていると気づいていない歩行者は急に止まったり曲がったりするものです。
自転車側もぶつかって怪我したり、よけてこけたりして怪我をすることもあります。
ベルを鳴らすのは本来最終手段です。
鳴らす方も鳴らされる方もあまり気分はよくありません
子どもが人を怪我させないために、怪我もしないために
あったらいいな、という商品です

自転車社会の現状

2015年6月1日、自転車も厳罰・道交法改正が施行されましたが、施行当時はおまわりさんなど交差点などで取り締まりの強化を行っていました。
道交法改正後約2年を迎えようとしていますが、自転車事故が減ることはありません。
10年前に比べ、全事故件数、自転車関連事故件数は減ってきていますが、自転車対歩行者事故件数は変わっていません。
近年は自転車事故の高額損害賠償が後を絶ちません。
自転車は道交法上で「軽車両」に位置づけられていることから、事故を起こした時に多額の損害賠償を請求されることもあります。

自転車と歩行者の事故

自転車は道路交通法上で「軽車両」に位置づけられていることから、事故を起こしたときに多額の損害賠償を請求されることもあります。
大人の事故であれば本人が責任をとうのは当然です。自転車は子どもも盛ることができます。
では、未成年が自転車で事故を起こした場合、どうなってしまうのか?
親御さんの中には、自転車の事故なんてたいした怪我につながらないでしょうと高をくくっているかもしれません。
事故によっては被害者も加害者も人生が大きく変わってしまうというリスクはあります。
日本損害保険協会のホームページによると、以下のような判決が出ています。
判決認容額(※)
事故の概要
9,521万円
男性小学生(11歳)は夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別がない道路において走行中の女性(62歳)と正面衝突。女性は頭蓋骨骨折などの傷害を負い、意識が戻らない状態となった。
(神戸地方裁判所、平成25年(2013)年7月4日判決)
9,266万円
男性高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失など)が残った。
(東京地方裁判所、平成20(2008)年9月30日判決)
6,779万円
男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさず走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突。女性は脳挫傷等で死亡した。
(東京地方裁判所、平成15年(2003)年9月30日判決)
5,438万円
男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に侵入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成19年(2007)年4月11日判決)
4,746万円
男性が昼間、赤信号を無視して交差点を直進し、青信号で横断歩道を歩行中の女性(75歳)に衝突。女性は脳挫傷等で5日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成26(2014)年1月28日判決)
(※)判決認容額とは、上記判決における判決文で加害者が支払いを命じられた金額です。(金額は概算額)。
上記裁判後の上訴等により、加害者が実際に支払る金額とは異なる可能性があります。

サイクるん概要

自転車のホイールにセットを行い時速12km/h以下で走ると、カチカチと音が鳴り接近を知らせることで、歩行者になにか(自転車)が近づいてきたことを気付かせることができます。
リフレクター(反射板)によって自動車などに自転車の存在を知らせる効果もあります。
音がなることでスピードの目安ができ、速度の抑制効果が働きます。
車いすのホイールにセットすることも可能で、移動時に音がなることで存在を知らせ、周りに注意を促すことができます。
サイズ
・シングルタイプ
横×縦×厚さ:7cm×3cm×1.26cm
重さ:13g
※反射板&ロゴ等
横×縦:3.9cm×2.25cm

・反射板カバー付きタイプ
横×縦×厚さ:7cm×3cm×1.8cm
重さ:30g
※反射板&ロゴ等
横×縦:3.9cm×2.8cm
材質
PP
反射板はシルバー、耐久性に優れた反射シートを使用・反射シートにロゴプリント可能
(ノベルティなど)
パッケージ
変更可能(方法は応相談)
①パッケージを用意していただき、セットして納品
②パッケージなしで商品を納品
取付対象
自転車のスポーク、車いすのスポークなど
販売価格
・シングルタイプ     500円+税
・反射板カバー付きタイプ 800円+税
※受注生産となります
生産国
日本製

静止ホイール

進化する
静止ホイールキャップ

信号待ちをしている歩行者の70%が、注目!
クルマが走っているのに、ホイールが廻らない?
ノーズで風を切り、水平を保ちます
※表面キャップの後端には、外面の風を切るためのノーズがあります。
ノーズは水平尾翼の働きをし、走行速度に比例して、水平方向に静止させます。
※表面キャップ内部に流入した空気は、ブレーキを冷却後、細く強い気流になって後方に噴射されます。この整流力も水平安定性に加えられます。

静止ホイール装着例

静止ホイール図案

ご注文・お問い合わせに関して

ご注文商品一覧からお願いいたします。
商品に関してのご質問は下記お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。
ご注文・お問い合わせはこちら